2005年04月03日

彩雲堂の花餅

hanamoti-saiundo.jpg

「いが餅」とも言うようです。
松江では、ひな祭りのときにいただきます。
本来は、作り手はそのおうちの子供で、お母さんやおばあさんに教えてもらって、食紅で色をつけて、近所でとってきた椿の葉っぱの上にそれを乗せて蒸して、いただく風習があったようです。

写真は、松江の老舗和菓子店、彩雲堂さんの花餅です。


posted by wagashibe at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。