2005年03月19日

長尾のお点前3

やっとこお点前。
長尾はヒモが長いお仕服のお点前です。
ヒモの結び方も通常とは異り、蝶結びをして、
先が輪なので、3つの輪を均等に引くようにします。
茶入れを取り出してから、ヒモで2つの輪を作って、
その輪の中に端の輪を入れてからお仕服の中にしまいます。

火曜日ずっと見学していたので、手順は覚えているんだけど、
不器用なためヒモを上手くわっかにできない、、、。

長尾でヒーコラしていたところ、エースのMさんは茶通箱(さつばこ)を
お稽古していて、目が点になりながらお客をやらせて頂いた。

今日のお菓子は、たねやの桜餅と、
http://www.taneya.co.jp/

朱鷺の子(プレーン)
http://www.rakuten.co.jp/fourseasons/463111/463112/
パッケージがかわいくって買ったんだけど、意外とおいしくって満足。


posted by wagashibe at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道と和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、流派は何を習っていらっしゃいますか?
私は裏千家を習っていますが、「長緒」と言います。
流派によって、お点前も全然違うので、ぜひ流派を教えて下さい。
Posted by ラッキー at 2008年09月01日 23:15
ラッキーさん、コメント見逃してました。すみません。
私の書き間違いで、正しくは長緒です。(^-^)>"
学生時代は裏で、表を習っていましたが、今はお休みしています。

Posted by おちゃち at 2009年02月06日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。