2005年03月03日

玉あられ雛市 豆富本舗/京都

hinaarare.JPG

今日は雛祭りですね。皆様どのようにお過ごしでしょうか?
かしっくすさんはお誕生日ですね。おめでとうございます。(^-^)

右はでん六豆、左は京都の豆富本舗のひなあられ「玉あられ雛市」です。
男性の高齢者のお料理教室のお手伝いをしているのですが、
雛祭りに、と先生が持ってきてくれました。
先生は皆のために入れ物を折ってきてくれました。
三方(さんぼう)というそうです。
「ひなあられは、でん六豆のしか食べたことがなかったから
こんな小さいの初めて見た。」と言ったら余りを下さいました。

豆富の方は、香ばしくて、お餅の様な味がします。
でん六豆は普及版ですね。
大人は豆富、子供はでん六豆の方が美味しいと言っていました。
大きさも随分違いますね。

でん、でん、でん六豆、うまい豆♪も、子供の頃食べたのは
こんなに粒が大きくなかったような。
サイトでは、まめ王国の国民募集中だそうです。

しかし、どちらのひなあられも豆は入っていなかった。


posted by wagashibe at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿地方のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。